トラブル解決の方法

Pocket

売掛金を支払いしてくれな人たちに話しあいをしてうまく解決へと導くことが出来るものでしょうか。スムーズな人間関係を信じたいもののなんせ一度は裏切った相手を前にして話しあいを優先させて行く訳です。ただし相手にだって事情というものが存在し、話しを聞けばその事情に同情の余地が残されているのかもしれません。そして相手の関係をまだ優先させたいために、それ程強く催促は出来ないという場合もあれるでしょう。

しかし、最初に事業者がしなければならない対策は、しっかり話しをする機会を持つことです。もしも、話し合いが出来ないような立場にいるのなら、やっぱり弁護士に相談するモチベーションを最初に持つべきではないでしょうか。

話し合いに踏み切ることが出来ないようでは更に先へ進むことが出来ず、方法は泣き寝入りしかありません。更に内容証明郵便での督促という方法があります。話し合いによって支払いをしてくれるというものの結局は入金がないという場合もあります。そのような場合、内容証明郵便の方法を考えてみましょう。

内容証明郵便はいつ、どのような内容の、誰が、誰宛てに出した文書かを郵便局(郵便事業株式会社)が証明してくれるものです。

 

弁護士に相談する

内容証明郵便を活用という方法も売掛金回収の対策のひとつとして考えることが出来ます。内容証明郵便を活用にはどのようなメリットがあるのでしょうか。内容証明郵便を活用すれば、あとあと裁判になった時の大きな有効的な証拠にすることが出来ます。内容証明郵便を作成するにあたり、そのために請求の根拠の明示して、支払い期日などの必要事項をしっかり記しておく必要があります。

そしてもうひとつここにはメリットがあり、相手にもしもこれ以上支払いをしてくれないのなら裁判にしますという意思表示を伝えることが出来ることです。それでも支払いをしてくれない場合、更に代物弁済という手段や、裁判所を利用する方法があります。 民事調停、支払督促、少額訴訟、民事訴訟などこのような方法についても事業者はある程度知識を持つ必要があるのかもしれません。

大事なことは、事業者が慌てず順番に問題を解決して行くことです。しかし問題はなかなか解決しないことも多くあり、つい苛立つ事業者も多いようです。もう既にこのようなトラブルに対して弁護士に相談するという姿勢は当たり前のものとなろうとします。

まずはトラブルが起これば弁護士に相談するという姿勢が一番安心出来る方法ではないでしょうか